FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    岩間 「かまたや」 江戸時代からの茅葺屋根の手打ちそば
    2022年04月30日 (土) 17:40 | 編集

    今年初めて、ようやく帰省することができ、
    久しぶりに母とゆっくりと語り、元気な姿にほっとして…futt.gif

    雨あがりの空の下、これも久しぶりの父の墓参り。
    又こうして、気がねなく来れるといいなあ、と、
    高速に乗る前に、すっかり遅くなったお昼ご飯。

    魅力的なお店が点在する石岡だけど、
    そろそろ2時、まだやっているところはと…、

    22-4-30 店

    向かったのは、石岡市街にふっと現れる、
    今は貴重で希少な茅葺屋根の「かまたや」さんniko.gif

    石岡 「そば処 かまたや」


    創業江戸末期、今は4代目が引きつく超老舗店。
    暖簾が下がっているのに安堵し、
    扉を開くと、はきはきっとしたご主人に迎えられ、

    22-4-30 店内3

    入った店内は、テーブルが4卓置かれただけの、
    どこか懐かしい、昔の大衆食堂風。

    22-4-30 店内2

    奥には、年期の入った煙突釜戸があり、

    22-4-30 店内1

    おっ、佐々木蔵の介さんが来てたよう bikkuri.gif

    22-4-30 品

    冷たい水が美味しく、品書きを眺め、
    彼は「とろろざるそば」に、
    私は「天もりそば」(野菜各種)に決め注文 niko.gif

    22-4-30 そば

    待つこと程なく、届いたお盆の、
    盛られた天ぷらが豪華

    22-4-30 そばてん

    赤ピーマンに、茄子にズッキーニ、
    コシアブラに、エリンギ、蓬に参のかき揚げ。
    衣薄く見るからにからりと揚げられ、

    22-4-30 そばあぷ

    その横に盛られた蕎麦は野趣あふれる、、
    グレー色に蕎麦のホシ散る平打ち、
    地元石岡の蕎麦を自家製紛した手打ち蕎麦。

    22-4-30 そばたべ

    手繰った箸先からふわりと広がる日向の香り。
    太めでも薄くひらひらの蕎麦は食べやすく、
    噛みしめるとじわじわと小豆に似た甘みが広がる。

    素朴な田舎蕎麦の良さたっぷり、
    添えられた甘めで薄めの汁に、
    どっぷりと浸しわしわし手繰る蕎麦が旨い buchu-.gif

    22-4-30 そばてんたべ

    しかも天ぷらが美味しい。
    音が立つほど、さくっと揚げられた野菜は、
    どれも瑞々しく、新鮮な野菜の香りが弾ける love.gif

    22-4-30 とろろ

    一方、彼の「とろろざるそば」は、丸い蒸篭に盛られ、

    22-4-30 とろろ汁

    とろろ汁には鶉の卵入り。

    22-4-30 とろろたべ

    さらりとしてとろりとした「とろろ」を、
    たっぷりと絡めた蕎麦もいい futt.gif

    22-4-30 そばゆ

    程よく濁った蕎麦湯を注いだ汁は、
    すぅ〜と伸び、出汁が引き立ち、
    注ぎ注ぎたっぷりと頂いて…

    ご馳走様でした〜 hahha.gif

    懐かしい茅葺屋根の、ほっこりとしたお蕎麦。
    この蕎麦で是非、温かい蕎麦も食べてみたい。
    寒くなったら、又ここに来よう ふわふ~1


    22-4-30 看板
    「そば処 かまたや」

    茨城県石岡市柿岡2031-2
    0299-43-0073
    11:00-15:00 (売り切れ仕舞)
    不定休
    禁煙
    P 店前に9台



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >